うつ病症状 うつ病チェック うつ病 うつ うつの意外な原因

 

うつ病の症状と原因

 

このページではうつの症状と原因について述べていきます。

 

うつ病の症状

 

普段だったら悲しむ場面ではないのに、突然涙がでてきてしまったり・・・・

 

我慢したらよさそうだとわかっているのにキレてしまったり・・・・

 

集中しなくてなならない場面でぼうっとしてしまったり・・・・

 

自分の気持ちや行動を自分自身ででコントロールできない恐怖感に囚われてしまう・・・・

 

とても辛い状態なのだけれど、何が起こったのか自分ではわからない・・・

 

自分の状態を周囲に伝えられない・・・

 

家族も職場もわかってくれない・・・

 

自分が壊れたような気がする。

 

うつはその病名こそよく知られた疾患となりましたが、その辛さは案外と知られていないと思います。

 

「うつ」は心身の辛さはもちろんのこと職場や家族関係などの社会生活にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

でもご安心ください。

 

正しく治療すれば「うつ」の症状は改善に向かい、また元気になることができます。

 

「死にたい気持ち」が出てきたりして、非常に心配だと思います。

 

しかし、正しく対処すれば、「うつ」は回復に向かい「死にたい気持ち」は消えていきます。

 

うつは治る病気なのです。

 

 

うつ病の症状について

 

自分でもわけのわからない不調や疲労感がある方は次の点をチェックしてみましょう。

 

 

身体の症状やうつによる生活の変化としては次のような症状があります。

 

●夜眠れない・寝てもすぐに目がさめてしまう・悪夢を見る・寝汗をかく 

 

●朝いつもより早く目が醒める。朝起きてから気分が悪い。    

 

●食事をおいしく食べれない。体重が減る。  

 

●いくら休んでも疲れがとれない       

 

●考えがまとまらない・集中できない 

 

●簡単な仕事ができない。

 

●ミスが続く。事故が続く。         

 

●肩こり・腰痛・腹痛・めまい・吐き気・しびれなどの身体の不調がある。

 

●性生活が極端に減る。興味を失う。

 

●お酒やたばこが増える。

 

気持ちの症状としては次のような症状があります

 

●やる気がでない・楽しめない

 

●いつも頭から離れない悩みがある

 

●些細なことでイライラする。怒りを爆発させる。

 

●人から責められている気がする 。人が怖い。人と話すのがおっくうになる。

 

●将来や家族・会社のことなど、不安が消えない 

 

●自分が責められている・攻撃されているような気がする

 

死にたい・消えてしまいた 

 

「死にたい」という気持ちはうつという病気の症状です
うつの症状が改善すれば「死にたい」という気持ちも消えていきます.

 

いかがでしたか?複数の項目が当てはまってしまう方もいたと思います

 

でも心配はありません。うつ病は正しく治療すれば必ずよくなります。

 

 

*うつ病かどうかを診断できるテストもあります。

 

 

ベックうつ病調査票をどうぞ。

 

 

うつ病の原因と発症の契機

 

うつ病の原因については実はよくわかっていません。

 

しかし、「うつ病」が発症する契機についてはいくつか知られています

 

現在、最も多いケースは極度の心身の疲労を契機に発症していくケースです。

 

日々の仕事や人間関係のストレスが溜まってくると疲労が蓄積されてきます。

 

 

疲労が累積してしまうと、体の中のエネルギーが枯渇してしまい、身体や感情のコントロールがきかなくなってしまう。

 

(急に悲しくなったり、イライラが止まらなかったり、「死んでしまいたくなる)

 

疲労が蓄積してしまっているから、集中力が続かなかったり、思考がまとまらなかったり、いくら休んでも疲れがとれなかったりする。

 

上記のように考えていただければわかりやすいかと思います。

 

「ストレスが原因」と考えがちですが、「ストレスにより誘発された疲労が蓄積され、それを契機に発症する」という表現が妥当と思います。

 

より正確には疲労を契機にして脳内神経伝達物質の量が変化してしまうことです

 

その他の発症ルートとしてがんや脳溢血など身体性の病気を契機に発症することもありますし、更年期のホルモンの変化から発症することもあります。

 

あなたの生活がどれくらいストレスフルかどうか、しらべてみましょう。
ライフイベントのストレスチェック表を使ってみてください。

 

うつ病の原因については確かによくわからない部分がありますが、うつ病を治すための対処の方法についてはほぼ確立されています。

 

@医療機関を受診すること

 

Aしっかりと休養をとること

 

この二つです

 

うつから回復するためにはまず、医療機関を受診しなければなりません.

 

そのうえで、しっかりと休養をとりましょう。

 

うつ病からの回復についてはうつ病回復のプロセスをご覧ください。

 

 

こころの相談室  りんどう  担当カウンセラー 馬場健一

 

カウンセラープロフィール

 

メール相談を希望される方は下のボタンをクリックしてください。

 

 

 

電話相談を希望される方は下のボタンをクリックしてください。

 

 

面談カウンセリングを希望される方は下のボタンをクリックしてください。

 

 

 

 

参考ページ

 

 よろしければこちらもご覧ください

 

「ひょっとして『うつ』かな。心配だな」と思われたかた。

 

うつ病かどうか診断できるテストがあります

 

うつ病診断〜ベックうつ病診断調査票をどうぞ。

 

うつ病からの回復のプロセスについて知りたい方は

 

うつ病回復へのプロセスをどうぞ

 

・うつのリハビリ中だが症状に波がある。

 

・突然「死にたい気持ち」が出てくる

 

うつ病回復期の波〜リハビリ期の8つの注意事項をどうぞ

 

・大切な人に突然死にたいと言われた

 

死にたいと言われたときをどうぞ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参考サイト

よろしければこちらもご覧ください

 

「ひょっとして『うつ』かな。心配だな」と思われたかた。